株式会社中外
代表取締役社長
成瀬 徹

中外の強みについてお聞かせください。

当社は1948年に、紡績機部品や接着剤などを取り扱う商事会社として誕生しました。以来70年以上にわたり培った商社機能をベースに、「製造部門」「商社部門」の大きな2本の柱が一体となって、モノづくりに向き合ってきました。

その強みは、長年受け継がれてきた「開発納入」の精神に他なりません。お客様が求める商品を納入するだけの仕事ではなく、よりお客様が求める形になるよう「提案」を重ねていくことです。

各部門が積み重ねてきた知見や関連会社とのつながりを共有して、力を合わせることで、お客様が「求めること」に応え、「困っていること」を解決してきました。

「製造部門」「商社部門」の事業についてお聞かせください。

「製造部門」では、主に自動車の「防音材」に力を入れています。当社では、振動や騒音をデータ化できる評価システムや測定器を完備。素材や加工技術はもちろん、独自の素材研究や、オリジナル製品の開発にも積極的です。お客様が持つ課題に合わせ、適切な製品・サービスをご提案しています。

さらに、強化ガラスやバックライト、リチウムイオン電池など多くの携帯電話部品を取り扱ってきた当社。その関係先やグループ会社との連携から、現在の「商社部門」では、半導体の放熱を抑える「熱対策」製品や、LEDなどの「ライティング」製品についてご相談をいただくことが多いです。

また「製造部門」「商社部門」を問わず、あらゆる分野のお客様から「こういったことはできませんか?」と声をかけていただくことも。2つの柱が機能や特徴を生かし、一つの事業として取り組むことで、常にお客様に寄り添う会社でありたいと思っています。

仕事の原動力や、会社としてやりがいに感じることをお聞かせください。

私たちの仕事は、部品を作って届けるだけではありません。最も大切なのは、お客様に“ありがとう”と言っていただけるような、製品・サービスを「提案」すること。それが、代々受け継いできた「開発納入」という姿勢にも表れているのではないかと感じます。

時代とともに、お客様のニーズは変化していくもの。お客様の要望に応え続けるために、メーカーと一体となって行う共同開発や、グループ会社との連携を進めてきました。

いつの時代も、私たちの仕事はお客様の「幸せ」につながるお手伝いをすること。だからこそ、感謝の言葉をいただけた瞬間は何物にも代えがたい「やりがい」に包まれますね。

社風や社員の人柄など、職場の雰囲気はいかがでしょうか?

チームリーダーをはじめ社員同士の風通しは良く、フランクな雰囲気です。若手社員も溶け込みやすく、発言しやすい環境づくりに力を入れています。その一つが、社員の些細な「提案」を聞き逃さないこと。チームとしても会社としても、若手社員の意見やアイデアも積極的に取り入れる。そうすることで「風通しが良い」職場になるよう心がけています。

一方で、与えられた環境の中で、うまく立ち回れる人もいれば、そうはいかない人も当然います。長所がなかなか発揮されなかったり、ときに短所ばかりが目立ってしまうこともあるでしょう。そういった場合は少しアングルを変えて、その人を見てあげるべきだと考えています。

「短所も長所になり得る」。誰もが一人ひとり、違う可能性を持っています。それぞれが持つ力を存分に発揮してもらえるよう、手を差し伸べられる会社でありたいと考えます。

求める人物像についてお聞かせください。

学生の皆さんには、まずは“元気”で会いに来てもらいたい。もちろん“元気”といっても大声を出したり、場をわきまえないことではありません。明るく、どんな物事にも積極的な人。課題や目標に対して、真摯に取り組める人。そしてそれ以上に「自分」をしっかりと持ち、少し“尖っている”人に仲間になってほしいと思っています。

年齢や経験、プレッシャーの壁を打ち破って、自身の信念やアイデアを発信できる。先輩社員たちに臆することなく、同等に意見を出し合える。そんな芯の強さを持つ人が素敵だと思います。

当社には、新入社員の皆さんがのびのびと成長し、個性を存分に発揮できる環境が整っています。

入社後、新入社員に大切にしてほしいことをお聞かせください。

毎年、社員一人ひとりに「1年の振り返り」と「今年の目標」を書いてもらうことにしています。「自分はこうなりたい」「将来はこんなことがしたい」…そんな希望や未来のビジョンを持って、この中外でどんどん叶えていってもらえたらうれしいですね。

また新入社員の場合、入社から半年間ほど工場実習があります。そこで一番学んでほしいのは、「整理整頓」の心得。身の回りをきちんと整えることで、自身が「今、何をするべきか」が明確に分かるようになるはずです。

そんな目の前の課題に対して真摯に取り組む精神力や、自らのスキルを磨くためのハングリー精神をどんどん育んでいってほしいですね。

未来へ向けての展望をお聞かせください。

今後も、数年のうちに社会は少しずつ変化を遂げていくでしょう。私たちは、創業から守り続けた「商社」「メーカー」としての機能を軸に、それらを生かし、新しいことに挑戦する姿勢を持ち続けなければなりません。最近は「サステナブル」という言葉もよく聞かれますが、その言葉の通り私たちも「持続する会社」を目指しています。

当社の製品は地球上のあらゆる場所で使っていただくものです。その気持ちを忘れずに、グローバルな視点をもって、世界を舞台にした活動を行っていきます。

これまでに関わってきたお客様、メーカー、そして社員。そのつながりが「明日」を作り、ともに「人」を作る。仲間になっていただく皆さんと互いに高め合い、「未来」を創造できることを楽しみにしています。

Profileプロフィール

成瀬徹
株式会社中外 代表取締役社長

1977年入社。営業や技術、経理・総務などを経て、2016年に10代目の代表取締役社長として就任した。現場から、会社を俯瞰した立場まで、中外でのあらゆる業務を経験。

トップ